「世界一やさしい 決算書の教科書1年生」新刊です!
ありがとうございます。
決算書を読めるようになりたい人、決算書の入門書を何冊読んでも読めるようにならなかった
人のためにつくりました!

01



著者:小宮一慶
初版:2017年10月31日

【小宮一慶さん】
尊敬して止まない経営コンサルタント小宮さんとの出会いは、ソーテック社の著者である
村田栄樹さんと本を編んだとき、書籍の宣伝用のコメントをいただき、そのお礼にご挨拶で
お伺いしたのが最初でした。
その席で、ぜひ、書籍をご一緒させていただきたいと企画をお伝えして形になったのが、
とにかくトコトンやさしく経済のしくみを説いた「【新刊できました】世界一やさしい 経済の教科書1年生:
経済のことをなんとなくわかった気になっている人たちへ
」です。

世界一やさしい 経済の教科書1年生
小宮 一慶
ソーテック社
2016-12-22


1509196463286


【こんなところにこだわっています】
小宮さんのお話は本当に面白くて、今世界で起こっていること、
日本で起こっていることを、わかりやすく、興味を持てるように解説してくれます。
仕事なのか、授業を受けているのかわからなくなる感覚を、
できるだけそのまま形にしています。

まず根本的なところ、理解しておきましょう。
「決算書って何のためにあるの?」
答えられますか?

17-10-17-11-05-44-791_photo

貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書といった基本的なところから
管理会計まで、満足のいくように触れてみました。

17-10-17-11-06-15-178_photo

「ROEって何?」という人のために、ROEとROAをしっかり紐解きます。

17-10-17-11-07-27-674_photo

厳選した実際の上場企業8社の決算書を、企業の特色、業界の特色を的確に抑えながら、
サクッと読めるポイントを徹底解説しています。
取り上げさせていただいた企業は以下の通りです。
NTTドコモ
ヤマトホールディングス
東海旅客鉄道(JR東海)
三井物産
楽天
任天堂
シマノ
日本銀行

17-10-17-11-07-57-803_photo

小宮さんから戻ってくるゲラに書かれた小宮さんのコメントに、いつも勇気づけられます。
「全体的にはよくできていると思います」

17-10-11-14-40-38-939_photo

【内容紹介】
――――――――――――――――――――――
「決算書とは何か」また「その基本的な読み方・が分からないというのは、
ビジネスパーソンにとっては、大きな要素が欠落している」ともいえなくはありません。
そして、そのような人をもったいないと私が思うのは、
「数時間勉強すればかなりのことが分かるのに、それをやらない」
ことです。

本書は、そういう人のためにつくられた本です。
本書を数時間かけて勉強すれば、決算書の読み方の基本は必ず分かるはずです。
そうすると、自社やお客さま企業などの見え方が違ってくることは間違いありません。
―――――――――――――――――――――― はじめにより

[今までのの決算書との違い]
本書は、貸借対照表と損益計算書の順番を入れ替えてお話ししています。
そして、日ごろ小宮さんがお話ししている言い方と異なる部分がいくつもあります。
これは、決算書の初心者が理解しやすいように言い方を変えているためです。
初心者目線の説明を心がけたので、安心してついてきてください! 

[ROEとROAの違いがわかる]
ROEとROAが理解できていないと、本当の意味での経営分析ができなくなってしまいます。
決算書の初心者でもわかっていてほしいから、徹底的にやさしく解説しています。

[決算書の読み方が身につく]
決算書は頭から見てもダメです。
必要なところだけ見ていけば、企業の実体と将来が見えてきます。
実際の決算書をベースに企業別、業界別の特徴をとらえながら、ニュースを盛り込んでいくと、
有名企業も読み解けます! 

上場企業の実際の決算書をふんだんに使っているから、即実践に活かせる! 

株式投資、経営者、ビジネスマン必読!

【目次】
[0時限目 そもそも「決算書」って何?]
01 決算書って何のためにあるの?
02 決算書を見るときの注意点
03 目的によって見るべきポイントが違う
04 危ない会社の見分け方
05 これから成長する会社の見分け方

[1時限目「損益計算書」って何?]
01 【損益計算書】売上高から費用を引き、損が出たのか、利益が出たのかを計算する
02 なぜ「売上高」はそんなに重要なのか?
03 「売上原価」を見るときの注意点
04 「粗利」ってよく聞くけど何のこと?
05 営業利益でその会社の実力が分かる
06 経常利益で何が分かるの?
07 特別利益や特別損失って何?
08 税金は、その年に実際に支払った税金額とはかぎらないのがミソ
09 利益がなぜ大切なのか?
10 数字を比べると見えてくるもの

[2時限目「貸借対照表」って何?]
01 【貸借対照表】右側の負債と純資産で資金調達し、左側の資産で運用する
02 「流動」と「固定」の違い
03 「流動資産」には何が分類される?
04 「固定資産」には何が分類される?
05 「負債」と「純資産」の違いは?
06 「自己資本比率」で何が分かるの?
07 会社の命綱、「資金繰り」を知る
08 負債も純資産も調達するためのコストがかかる
09 「ROE」と「ROA」はどちらが大事?
10 こんな会社は買収されやすい

[3時限目 キャッシュ・フロー計算書はここがポイント]
01 キャッシュ・フロー計算書って何?
02 キャッシュ・フローがなぜ重要なのか?

[4時限目 決算書から会社の稼ぐ力を読み取ろう]
01 【売上高成長率】売上は増えているか?
02 【資産回転率】資産は有効に活用されているか?
03 【売上原価率】コストは下がっているか?
04 【売上高販管費率】人件費や広告宣伝費は適正か?
05 【棚卸資産回転日数】在庫の量は増えていないか?
06 【売上高営業利益率】本業でしっかり稼げているか?

[5時限目 企業の決算書を実際に見てみよう]
01 【NTTドコモ】話題性は低いが、実は好業績企業なのはなぜか
02 【ヤマトホールディングス】未払い残業代の支払いは業績にどう影響するのか
03 【東海旅客鉄道(JR東海)】莫大な費用をかけてもリニア新幹線へ動き出せるのはなぜか
04 【三井物産】巨大商社という括りではなく、企業ごとの特徴を見る
05 【楽天】ネット企業がなぜ球団を買ったのか
06 【任天堂】お金持ちの超スーパー安全企業
07 【シマノ】積極投資を続ける優良企業
08 【日本銀行】膨張し続ける資産に、破綻の危機を感じる

【こんな人におすすめ】
・決算書を読めるようになりたい人
・何冊も決算書の本を読んだけど、よくわからない人
・今度こそ、決算書を理解したい人
・株をやっているので、決算書を読めるようになりたい人
・自社の決算書を読めるようになりたい人

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界一やさしい 決算書の教科書1年生 [ 小宮 一慶 ]
価格:1490円(税込、送料無料) (2017/10/18時点)




AD